プリペイドSIMの利用方法や料金システムや選び方

プリペイドSIMの利用方法や料金システムや選び方

SIMカードはスマートフォンで通話したりデータ通信をする場合に必要になります。
一般的な人はdocomo・au・SoftBankなどの大手携帯電話会社と契約しているSIMか、格安SIMを使っているでしょう。
それらとは違うのが「プリペイドSIM」です。
この記事では【プリペイドSIMの利用方法や料金システムや選び方】について詳しく解説します。
 
 
 
★☆★ プリペイドSIMとは? ★☆★
 
使い切り型のSIMです。使用できるデータ容量や利用できる期間が事前に決められているのです。
大手携帯電話会社のSIMや格安SIMの場合は、毎月決まった金額を支払う契約になっています。
その契約がベースになっておりSIMを借りており継続的に使用できるようになっています。
 
しかし、プリペイドSIMの場合は料金を先払いしてSIMを購入します。
設定されている容量を使い切ったり、利用期限が過ぎてしまうと使用できなくなります。
継続的に使用したい場合は、データ容量をチャージしたりできるSIMもあります。
例えば人気のJPSIMは追加購入のチャージはできません。新しいSIMを購入しなければなりません。
 
そして、基本的にプリペイドSIMは通話機能が使えません。
海外でも利用できるプリペイドSIMの場合は、通話機能が使えるタイプもありますが、料金は高くなります。
普通はSNSサイト・メール・Webの視聴になるでしょう。
 
 
★☆★ プリペイドSIMを利用する場合のメリットとデメリット ★☆★
 
まずはプリペイドSIMのメリットです。
購入すれば面倒な手続きをすることもなく、すぐに利用できます。
 
docomo・au・SoftBankなど大手キャリアのように面倒臭い契約をする必要はありません。
プリペイドSIMを購入してスマートフォンの本体に挿入すれば、すぐに利用することが可能です。
使い切りタイプですから、特別に解約手続きをすることもありません。
2年縛りの違約金なども対象外ですから安心してください。
 
クレジットカードが使えなくても大丈夫なSIMもありますし明朗会計です。
 
先払い方式になっており、実際に必要な量を購入できます。
一般的なSIMみたいに通話をしすぎてしまって支払金額が多額になってしまう失敗もしません。
クレジットカードが利用できない場合は、銀行振込やコンビニエンスストアで支払うこともできます。
 
使用したい期間・使用したい容量だけ購入できます。
 
例えば一定期間だけ限定で家族やお友達にスマートフォンを持っていて欲しい場合です。
こういった突発的なニーズでもプリペイドSIMの場合は使い切りですから柔軟に対応できるのです。
 
次にプリペイドSIMのデメリットです。
 
データ量あたりの料金は割高になります。
 
プリペイドSIMは使い切り型で安心感と手軽さはあります。
しかし、データ当たりの料金はdocomo・au・SoftBankなどのキャリアと比較すると割高になります。
普段からスマートフォンを使用している人には向いていません。
しかし、一定期間だけ使ったり、お試しで使いたい場合はオススメできます。

プリペイドSIMカード